町田市,JR町田駅前,低容量ピル,内科,プラセンタ,乳腺外科,子宮頸がん,婦人科,マンモグラフィー,乳がん検診,経鼻内視鏡(胃カメラ),大腸内視鏡,検査,企業検診,雇用時検診,人間ドック,循環器内科,血管外科,大腸肛門科,検診,下肢静脈瘤,



低容量ピルの処方を希望される方へ

ミーナ町田ジェイクリニックでは、低用量ピルの処方(自費)を行っています。
  *注) 喫煙のおある方は処方できません

■ 「低容量ピルの処方」を希望される方は、受診前に必ず読んでください

* 低容量ピルの成分は女性ホルモンなので、吐き気、頭痛、乳房の張りなどの症状が起こる
  ことがありますが、ほとんどの場合低容量ピルを飲み続けて1〜3ヶ月くらいで治まります。
* 日本では「ピル」は太るというイメージを持っている方が多いようですが、低容量ピルは
  ホルモン量を減らしているので体重の増加はほとんどありません
* 副作用がひどい場合、長く続くとき、また、下記の症状が認められた場合、早急に婦人科
  を受診
してください。頻度は少ないものの静脈血栓症、脳卒中、心臓発作など重大な
  副作用がおこることもあります。

・ ふくらはぎの痛み、むくみ、手足のしびれ
・ 鋭い胸の痛み、突然の息切れ
・ 激しい頭痛、めまい、失神、視覚、言語障害、目のかすれ、舌のもつれ

* 事前に 、こちらのページ を、必ずチェックしてください。
  低容量ピルを安全に服用するためには大切なことです。

ページトップへ


低容量ピル処方の流れ・料金

■ 低容量ピル処方(婦人科)の流れ


 【初回】 ・・・・診察(問診含む)、超音波エコー、子宮頸がん検診、採血(凝固系)

乳がん検診 (乳腺外科を受診)

処方1か月分

 【2回目】 ・・・診察 (子宮頸がん検診結果、採血結果説明含む)

処方3か月分

 【3回目】 ・・・処方のみとなります

処方3か月分

 【4回目】 ・・・診察、採血 (半年後チェック)

処方3か月分

 【5回目】 ・・・処方のみとなります

処方3か月分

 【6回目】 ・・・診察、超音波エコー、子宮頸がん検診、採血 (1年後チェック)

乳がん検診 (乳腺外科を受診)

処方3か月分


■ 低用量ピルの料金

  ** 1シート(1か月分)の料金は、3,000円 (税込み)です **

■ 低用量ピルの服用方法

当クリニックで処方するピルは、 毎日1錠ずつ21日間服用します。
その後の7日間は休薬します。
7日間の休薬の間に月経と同じような出血(消退出血)があります。月経様の出血は通常よりも軽くなることが多く、月経周期は規則正しくなります。
7日間の休薬後、次のシートを飲み始めます。
休薬の7日間を自分勝手に延長してしまうと次の周期の妊娠の可能性が高まりますので注意しましょう。 ピルは、その避妊効果を維持するために、飲み忘れをしないことが重要です。 1日1錠、決められた順番に、ほぼ決まった時間にのんで下さい。万一、のみ忘れた場合の対応には、のみ忘れが1日の場合は、気付いた時点ですぐに飲み忘れた分をのんでください。そして、その日の分も通常通りのんで下さい。
詳しくは、婦人科を受診の際にお尋ねください。


■?低容量ピルとは? は、こちら
■ ピル処方受診前のチェックは、こちら
■ ピルの種類は、こちら

ページトップへ



twitter ツイッター
ミーナ町田ジェイクリニック
@clinicjin